肌に現れたシミを治す|効果的なレーザー治療

治療の特徴

フェイス

美容外科クリニックではシミやほくろなどを解消するレーザー治療ができます。レーザー治療は約5分程度で終わるとても簡単な治療です。ほとんどのシミ、ほくろ、いぼなどを一回のレーザー治療で消すことができます。

もっと見る

治療の種類と注意点

照射治療

治療をした後は

病院でレーザー照射によるシミ治療をしたあとは、アフターケアが大事です。治療をしたあとは患部に絆創膏を貼ってもらえます。絆創膏は洗顔をしても剥がれないようになっています。治療をして3日後くらいにはがして、処方された軟膏を一日一回適量塗布する必要があります。シミがあった部分はしばらく赤みとして残ります。赤みがカサブタになるまでは、毎日軟膏を塗るようにします。だいたい1ヵ月くらいでカサブタが剥がれてピンク色になります。ピンク色が肌色になるまでは2ヵ月〜6か月くらいかかります。その間は患部を紫外線にあてないようにすることが大切です。毎日ムラなく日焼け止めを塗り、こまめに塗りなおすことでシミの再発を予防できます。

病院で受けられる治療

一般的に紫外線で出来るシミのことを老人性色素班と言います。老人性色素班を一回の通院で消したい場合は、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)が効果的です。レーザーなら5分程度の照射でシミを完全に蒸散させることができます。レーザーよりも効き目が穏やかなのが光系の治療器です。光系の治療器にはフォトフェイシャルやプラズマクリアなどがあります。レーザーのように一回でシミが消えないので、合計5回程度通院して治療を受ける必要があります。通院する回数が多くなり、料金も高くなりますが、顔全体の美肌効果や若返り効果があるのが光治療のメリットです。治療を繰り返すことで次第に肌質が改善されて、肌色がワントーン明るくなります。

気になる肌トラブル

照射

顔に出来てしまうシミは、加齢や紫外線が原因となってメラニン色素が増えることで生成されてしまいます。気になるシミを取り除くには、ビタミンCを積極的に摂取する方法や、近年人気のクリニックでのレーザー治療といった方法があります。

もっと見る

メラニンを分解する治療

手術

シミ、そばかす、肝斑、ニキビ跡などは、レーザーや光を照射する治療や、塗り薬、ケミカルピーリングなどで改善できます。レーザーは集中的にメラニンを分解できて、光は広範囲にあるシミやそばかすを一度に解消できます。

もっと見る